腕のボディケア

誰も知らないところですが、真面目にこだわり作っている化粧品 腕は夏場になると見える部分ですのでコスメティックスによるボディケアは欠かせません。
冬場でも最近では半袖のワンピースなどを着用する方もいらっしゃることですので
しっかりとオールシーズンケアを怠ってはいけません。

腕のボディケアにおすすめなのがボディーバターです。
これはクリームようなものなのですが、これを付けることのによって
乾燥などからお肌を守ることができます。
そしてなめらかになるのです。

そして腕にぶつぶつのある方にいいのがピーリングコスメティックスです。
古くなった角質をこのピーリングコスメティックスでとることによってきれいなつるつるのお肌になります。
結構ウデもぶつぶつのできやすい場所ですので気を付けてください。アイ・ピー・エスコスメティックスのIPSエッセンスがお肌に良い理由

それからくすみがある場合には美白ローションコスメティックスがおすすめです。
これはメラニンの生成を抑えてくれますので白く導いてくれます。

ウデが綺麗ですと半袖もきれいに着こなせますので、ウデ美人になってください。

季節ごとの紫外線量とスキンケアのコツ|光老化の原因はUVA

太陽の光には、私たちの目に見える可視光線の他に、目に見えない赤外線と紫外線があります。
この目には見えなくても地表に届いている紫外線のうちの、UVAとUVBという光が
シワ・たるみ・シミ・そばかすなどの光老化を引き起こします。

太陽から届く紫外線の約9割はUVAと言われており、この光は肌の奥の真皮にまで侵入し
ハリや弾力を失わせたり、メラニン色素を酸化させて肌を黒くする作用があります。

肌に急激なダメージを与える作用は弱く、知らず知らずのうちに蓄積され
徐々にシワやたるみといった肌へのダメージが現れます。

また、太陽から届く紫外線の残りの約1割はUVBと言われ、肌への作用が強く
短時間浴びただけでも赤くなったり数日後に肌が黒くなったりと、日焼けの原因になります。

赤くなる日焼けは炎症反応を起こしている状態で、黒くなる日焼けは色素沈着反応を起こした状態です。
UVBはこのような炎症やシミ・そばかす(色素沈着)の原因になるだけでなく、
肌表面の表皮細胞やDNAまで傷つけてしまうので、私たちの体への影響がとても強いのです。

日焼けをしてしまった時、人によって肌が赤くなったあと黒くなるタイプと、
そこまで赤くならず数日後とても黒くなるタイプと、すぐ赤くなるけれど
その後ほとんど黒くならないタイプと異なります。

比較的日本人に多いのは赤くなったあと黒くなるタイプだと言われています。
もしあなたが日焼けをした時、すぐ赤くなるけれどその後ほとんど黒くならないタイプでしたら、
一番紫外線の影響を受けやすいタイプなので、黒くならないから大丈夫だと思わずに
しっかり紫外線対策をしましょう。

その他の日焼けタイプの方であっても、日頃からこまめな紫外線対策をすることはとても大切です。

1年の中でも夏は紫外線が多く、冬は少ないというイメージがあると思いますが、
冬の時期でも紫外線の光は地上に届いているので十分な紫外線対策が必要です。

1日の中で見てみると、最も紫外線が強い時間は午前10時から午後2時ごろと言われており、
この時間帯は特にしっかり紫外線から肌を守るようにしましょう。

太陽があまり出ていない朝方や夕方、あるいは曇りや雨の日であっても
紫外線の影響はあるので、気を抜いてしまいがちですが、紫外線ケアは忘れないよう心がけましょう。

また、夏の浜辺や冬の雪山などのレジャーシーンは紫外線の反射率が上がり、
特に紫外線量の強くなる場所ですので、こまめな紫外線ケアを念入りにすることが大切です。

紫外線量を減らしながら抗酸化作用のある成分を摂って肌を守りましょう


メラニンはシミやそばかすの原因となると言われていますが、肌を紫外線から守る大切な役割も担っています。
紫外線の影響は、日焼けをして肌が黒くなっている時より、日焼けをしていない時期の方が強く、
特にもともと肌が白い方はメラニンが少ないので紫外線にも弱いのです。

紫外線の影響は時間が経ってから現れるため、秋から冬にかけて
あまり紫外線を浴びなかった後の春先の肌が1年で一番明るくなります。

しかし、春は紫外線が増えてくる時期であり、日焼けをしていなかった分
紫外線の影響を受けやすい状態なので十分なケアが必要です。

春の日差しはポカポカと心地よく、真夏のような強烈な太陽の光ではないので
油断しがちですが、紫外線量は3月から4月頃から増え始めます。

また、春の肌は乾燥や花粉などのアレルギーで肌が敏感になりやすく、
暖かくなると皮脂量も増えて肌トラブルが起こりやすい時期ですので、
紫外線ケアをしっかりしながら優しい洗顔も心がけましょう。

さらに、夏の肌には徹底した紫外線対策が必要です。
汗をかくことも増え、海や山でのレジャーも多くなる季節ですので、水辺にお出掛けの際は
水や汗で落ちにくい紫外線ケア用品を使ったり、前もって美白ケアをしておくなど対策をしましょう。

また、日焼けしそうな日の前日や日焼けをしてしまった後に、ビタミンCなど
抗酸化作用のあるサプリメントを摂取するのも効果的です。

そして、夏の紫外線で疲れ気味の秋の肌には、夏に受けたダメージと冬に向けての
乾燥を防ぐためのスキンケアが必要です。だんだんと寒くなり湿度が低下し始めると、
肌が乾燥して角層のターンオーバーが進まなくなり、シミ・そばかすの原因になる
メラニンが角層に溜まりがちになります。

秋の肌には乾燥を防ぐためしっかりと保湿をして、古くなった角質を取り除いて、
保湿バランスを整えてあげましょう。涼しくなってきたからといって、
まだまだ紫外線が強い日もあるので長時間外出する際にはしっかりと紫外線ケアを行ってください。

そしていよいよ紫外線ケアに加え、乾燥対策も重要となってくるのが冬の肌です。
春や夏に比べると日差しも弱まり紫外線対策を怠りがちですが、
冬にも紫外線は地上に届いていますのでケアは必要です。

また、たっぷりと保湿ケアをして肌にうるおいを与えたあとに、紫外線防止効果のある
美容液を合わせて使うと保湿と紫外線対策もできて効果的です。

冬にはスキーなどのレジャーを楽しまれる方もいらっしゃると思いますが、
雪面では紫外線の反射率が高くなるので紫外線対策も忘れないようにしましょう。

白いだけではない!?日本における美白意識と流行

意外かもしれませんが「美白」という言葉が使われるようになったのは
1990年代後半からで、意外と歴史が浅い単語です。
それ以前は、色白を目指したい方は、美白ではなく「漂白」と呼んでいました。

また、コスメの流行も「夏は小麦色に焼いた方が健康的に見える」とされており、
肌を焼くためのサンオイルなどが夏コスメとして様々な化粧会社から発売されていました。

この日焼けが美しいという風潮として、一番インパクトのあるものはガングロでしょう。
肌を黒くするために色黒に見えるファンデーションや日焼けサロンが日本全国で人気を集めていました。

ですが、1990年代後半に鈴木その子さんの人気が出ると、一気に世の女性陣は美白のとりこになりました。
そしてそれとほぼ同時期に、メラニンの危険性が科学的にも分かるようになってきたため
いかにこの蓄積を抑えるかという予防的スキンケアが定着するようになりました。

さらに、その10年後からは「アンチエイジング」も加わるようになり、将来の肌の為の予防のスキンケアが定着しました。

現在の美容意識

もちろん、常に露出されている顔のお肌に自信を持ちたいという方は多いでしょう。美容液
そのため、顔のピーリングも定期的に行っていく必要があります。

しかし、ただでさえ化粧水から乳液、美容液でのケアをして
その上ピーリングまでとなると、面倒に感じてできないという声もしばしば耳にします。

そこで、IPSコスメティックスのエッセンスを使ってみるのがお勧めです。
IPSコスメティックスのエッセンスには昼用と夜用の2種類があり、
洗顔後にはこれだけを肌に馴染ませればそれでケアは完了しますので
ピーリングやパックなどの一手間が苦に感じにくくなります。ピーリング

更に、この2種類のIPSエッセンスはピーリングとパックに
応用して使う事ができますので、非常に便利なのです。

また、IPSコスメティックスの製品にはUVクリームもあります。
紫外線からの肌ダメージをIPSコスメティックスの日焼け止めで
しっかりと防ぐことで、美しい肌状態、ひいては腕の美肌状態も
保つことが期待できます。

IPSコスメティックスの美容液とUVクリームをスキンケアに取り入れることで
肌ダメージを受けにくく、楽しい夏を過ごしていけるのではないでしょうか。

このIPSコスメティックスの製品は販売員からの購入が主となっていますので
気になったらぜひIPSコスメティックスの販売員に問い合わせてみましょう。