ipsコスメティックスの紫外線ケアガイドでUVケアについて知ろう

誰も知らないところですが、真面目にこだわり作っている化粧品紫外線が肌に与えるトラブルとは

スキンケア商品やヘアケア商品を通じて女性の美しさや健やかさをサポートしているipsコスメティックスでは、肌の老化の大きな原因の一つとなる紫外線ケアガイドを提供しています。

紫外線には波長の異なるUVA・UVB・UVCの3種類がありますが、肌や髪だけでなく目などにも影響するのが波長の長いUVAとUVBです。

この2つの紫外線から体を守るためのUVケアをipsコスメティックスの
紫外線ケアガイドで詳細に紹介しています。

紫外線によるトラブルとして一番知られているのがシミやソバカスです。
紫外線によって肌の基底層のメラノサイトが活性化すると、メラニン色素が大量に
作られ日焼けにより肌が乾燥したり、表皮がめくれて未熟な角質細胞まで剥がれて
しまったりしてガサガサと荒れた肌になるので注意が必要です。

日焼けをしても健康な肌であれば、メラニン色素は肌の新陳代謝である生まれ変わると共に、
肌の奥から外側に排出されていき垢となって捨てられるので、何をしなくても自然に本来の
肌色に戻ることができます。

紫外線ケア

けれど、加齢などにより肌の新陳代謝が低下していたり、外からの刺激によって部分的に
メラノサイトが活性化していたりすると一部分だけメラノサイトが大量に生成されて
茶色いシミやソバカスとして肌に残ることになります。

そのまま放置しているとシミやソバカスの数が増えたり、大きくなったりするので
見た目の年齢が実際の年齢よりも老けて見えるなど悩みが増えてしまいます。

さらに、表面でシミやソバカスが増えるだけでなく、肌の奥まで紫外線が到達することに
より肌のハリや弾力を保っている真皮層にある肌の弾力繊維であるコラーゲンやエラスチンを
壊してしまうので肌を守ることが大切です。

真皮層のコラーゲンやエラスチンと一緒に潤いのある肌に欠かせない水分を抱えている
ヒアルロン酸にも影響するので、紫外線により目もとや口元のシワが増えたり、深く刻まれ
たりするだけでなく、顔全体の弾力がなくなるので皮膚が垂れていき、ほうれい線が目立ったり、
ブルドッグのように頬が垂れて肌の老化症状が進行し続けることになってしまいます。

ipsコスメティックスのホームページなら、紫外線についての基本的な情報や肌に与える影響を
わかりやすい図と合わせて紹介しているのでシミやソバカス、シワやたるみなどの老化の大きな
原因となってしまう紫外線のメカニズムや必要な対策を分かりやすく知ることができます。

 

毎日できる紫外線対策のポイント

シミやソバカス・シワやたるみの原因となる紫外線は夏だけでなく1年中降り注ぎ、肌の老化を
どんどん進行させています。

シミやソバカスの元となるメラニン色素を活性化させるUVBの量は夏に比べて冬は少なくは
なりますが、シワやたるみの原因となるUVAは1年を通じてUVBのように大きく変動することが
ないため、ipsコスメティックスでは、夏だけでなく1年中毎日のUVケアを推奨しています。

紫外線が肌に浸透してシミやソバカス・シワやたるみなどの老化を引き起こしていても、
紫外線は目に見えないだけでなく紫外線の影響は肌に蓄積されていくので、見た目には
日焼けしていなくても肌の中では老化が進行し、気が付いた時には大きなシミや深いシワと
なって顔に刻まれることになります。

また、天気が良く太陽がサンサンと照っている時は、UVケアを意識しやすくなりますが
紫外線は曇りの日や雨の日での地球に降り注ぎ、細胞を傷つけて肌の老化を進行させ続けて
いるのでipsコスメティックスでは天気に関係なく、紫外線対策を行うことの重要性も紫外線
ケアガイドでしっかり説明しています。

uvケア

紫外線の影響は、肌に蓄積されていくので洗濯物を干すときにほんの数分外に出たり、
近所への買い物で数十分外出したりしただけでも毎日少しずつ老化の貯金を貯めることに
なるので注意が必要です。

さらに、紫外線は窓ガラスを透過して家の中に入ってくるので、例え外出をしていなくても
紫外線トラブルが起こるため家の中でも朝起きてすぐに紫外線対策を行うことをipsコスメ
ティックスも推奨しています。

老化の原因となる紫外線から肌を守るためには、季節や天気・外出の有無に関係なく1年中
毎日日焼け止めを使う必要がありますが、紫外線対策用の日焼け止めにはいくつかの種類が
あるので、その時のシチュエーションにあった日焼け止めを選ぶ必要があります。

日焼け止めの紫外線防止効果の種類やレベルを表す指標としてSPFやPAが使われていますが、
シミやソバカスの原因となるUVBから肌を守ることができるSPFは数値で紫外線のカット効果が
表記されており、数字が大きいほど紫外線のカット効果が高くなり、シワやたるみの原因となる
UVAから肌を守ることができるPAは+の数で紫外線カット効果がわかります。

PAも+の数が大きければ大きいほど、UVAの防止効果が高いので、外にでる時間が長い時や
海に行く時はSPFやPAどちらも数値が大きいものを、冬などであればSPFの数値は日常の紫外線を
カットするくらいの数値でPAの+多いものを選ぶなど生活スタイルによって選択しましょう。