あまり知られていないIPSコスメティックスがこだわっている事

洗顔前にウェットティッシュを使う

誰も知らないところですが、真面目にこだわり作っている化粧品

洗顔コスメティックスを使う前に、ウェットティッシュでポイントメイクを
オフする方も少なくありません。

ポイントメイクもファンデーションもクレンジングで落とすものなのですが、
アイラインやマスカラをした部分をクレンジンした後に黒く汚れたジェルで
ほかの部分もクレンジングしてしまいますと、お肌が黒く変色してしまいますので
できるだけ別々に落とす必要があります。

ウェットティッシュはポイントメイクコスメティックスを落とすのにちょうどいいのです。
そのあとでクレンジングをして洗顔をすれば完璧です。基本的なケア

戦前・戦後の洗顔の変化|ベースメークに合わせた洗顔

普段何気なく使っている洗顔料ですが、今でこそ様々なメーク用品に合わせた
種類があり洗顔料を使い分けているものの、戦前と戦後ではかなりの変化を遂げています。

戦前のメークと言えば、無脂肪のクリームを塗って、その上から
粉白粉をはたくシンプルなもので、肌に負担の少ない方法でした。

そのため石鹸や洗い粉でも十分落とすことが出来たのですが、戦後になり女性の社会進出が進むと
長持ちする油性のクリームファンデーションのベースメークが主流となりました。

戦前使っていた無脂肪のクリームと粉白粉とは違い、石鹸ではすっきりと落ちないため
ここでクレンジングクリームが登場し、今では当たり前となっているクレンジングクリームで拭き取ってから
石鹸で洗うという流れが一般的になりました。

このような戦前から戦後のベースメークに合わせた洗顔の変化については、昭和34年に発行された美容書
『美容に関する108章』でも触れられており、時代の流れによって女性が望むベースメークが変わり
それと共に洗顔の仕方も進化して来たということが分かります。

移り変わっていく肌のケア方法

最近ではコスメティックス専門店ではポイントメイクを落とすためのウェットティッシュも販売しています。
クレンジング成分の入っているものですので、メイクを浮き上がらせてきれいに取ってくれるのです。

そしてお肌にも低刺激です。
普通の手拭きタイプはアルコールが多く含まれていますが、こちらは多く含まれていません。
目を盛るためにたくさんコスメティックスを使っている方におススメのオフの方法です。

もちろん、できるだけ化粧を少なく済ませられるのがベストです。
地肌を美しく変えていくのであれば、IPSコスメティックスを使ってみるのはいかがでしょうか。

IPSコスメティックスの化粧石鹸は、しっかりメイクを落とすのに効果的です。
そしてIPSコスメティックスの美容液を合わせて使う事で、美肌成分の吸収がより良くなります。

石鹸と一緒に使用する

化粧品のひそかにこだわっている大事なこと