シリコンが入っていないコスメ

誰も知らないところですが、真面目にこだわり作っている化粧品お化粧をする際にまず行うのが化粧下地作りです。
化粧下地をしておく事によって、ファンデーションなどのコスメティックスの持ちが良くなりますし、洗顔の際にも落ち易くなります。

さらにはお肌のキメが細かく見えますので、綺麗な肌状態にする事ができます。IPSコスメティックスの化粧品で改善した人も多数。

非常に大切な役割がある訳ですが、化粧下地をする際にはシリコンが配合
されていないコスメティックスを用いる事が大切です。

シリコンというのは伸びが良いですし、それによってお化粧がし易く
なるなどのメリットがあります。

ケイ素(Silicon)は、元素記号 Si で表され、原子番号は14、原子量は約28.09、比重は2.33(g/cc)である。 ... 炭素族に属する非金属元素。 結晶は硬く、もろい。 典型的な半導体であり、純度を極めて高くしたものは半導体素子として用いられる。 ケイ素(けいそ)とは何? Weblio辞書

強力なバリア

しかし、お肌に残留してしまい、肌トラブルの原因になってしまう事があります。

その為、シリコンが入っていないコスメティックスを使った方が肌トラブルの
原因を減らす事ができます。

しかしながら、コスメティックスによっては肌トラブルの原因になる成分が
他にも配合されている事があります。

お肌に対して安全なコスメティックスを使う為にも、どんな成分が配合されて
いるのかをきちんとチェックしてみる事が大切です。

成分表示を定めている法律と平成26年の変更

普段私たちが使用している化粧品の配合成分には、配合成分の表現について
成分表示を定めている法律によって定められています。

この成分配合の表現について、平成26年の11月25日から薬事法は
「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
(略称:医薬品医療機器等法)」という名称になりました。

これらの改正では、その広告が事実であることや、それが化粧品の効能の
効果の範囲内であるという条件が必要とされてきます。

ですから化粧品に配合されている成分のなかで、その一部の成分を特記したい場合
その成分の配合目的をしっかりと併記することが大切です。

不適切な表現としての成分や、漢方成分なになにという表現ではなく
カミツレエキスを配合したならば、その配合目的である保湿成分配合という形が
適切な表現となります。

成分表示を定めている法律と平成26年の変更になった事実をしっかりと把握する
ことが、さまざまな形で役に立ちます。

大切な肌は自分で守る

こういった成分に関する知識は、効果的にスキンケアをする上では
欠かせません。明るい未来がある

IPSコスメティックスの製品にも、1つの商品に対して多くの
成分が使われていますが内容をしっかり理解していただく
ために、IPSコスメティックスの販売員が商品の購入時に
いちから細かく説明します。

そのため、安心して使いやすいとIPSコスメティックスは
評判となっているのです。

 

化粧品によくある成分の種類を知ろう

化粧品は人の身体を清潔にし美化し魅力を増やしたり、皮膚などを健やかに保つ
ために身体に塗布するなどの方法で使用することを想定されているものを指します。

医薬品医療機器等法では、化粧品と類似した種類に医薬部外品があります。

しかし化粧品は医薬部外品に比べても皮膚などへの作用がマイルドで、影響は
小さき成分が配合されているのが特徴です。

とは言っても、美容目的に各種の有用成分が配合されており、身体への影響は
アレルギーや体質などとの関連で重いもよらない副反応に遭遇する可能性があるので、
とりわけ初めて使用するときには注意が必要です。

敏感肌や何らかのアレルギーを持っている場合は、事前にパッチテストを
実施するなどして身体への影響を確認することをおすすめします。

そこで問題になるのは、化粧品に配合されている成分には何が含まれ・いかなる特徴を
持っているのかを把握しておくことです。

気になる成分

一般的に化粧水や乳液・クリームなどの化粧品に配合されているのは、美白成分・
抗老化成分・バリア改善成分等になります。

美白成分は、皮膚の基底部に分布するメラノサイトによるメラニン色素の生成を
抑制したり、しみやソバカスを緩和するなどの作用を持っています。

厚生労働省でから承認されている成分は20種類を超えており、化粧品でも数多くの
アイテムで配合されています。

もっとも医薬部外品レベルの作用をもつものは含まれておらず、安全性は高いもの
ばかりです。

代表的なものはビタミンC誘導体やナイアシン(ビタミンBの一種)などを指摘できます。

抗老化成分は、生命活動の身体の各組織で生成される活性酸素を排除したり、
生成を抑制する作用を持っているのが特徴です。

活性酸素自体は適正なレベルの生成量であれば、免疫機能の維持など有用性を
もっているものの、むしろ過剰に生成される傾向が顕著です。

具体的には身体に侵入した異物を排除するために、活性酸素は生成されます。

過剰な活性酸素は血管壁など体の細胞も酸化させてしまい、最終的に肌のシミや
たるみにつながります。

これらの活性酸素を排除する成分では、ビタミンEや各種のポリフェノールなどが
化粧品では配合されることが多いようです。

バリア改善成分は、肌の老化などで乾燥気味な細胞の保水性を高めることで
バリア機能の回復を目的に配合されています。

肌の潤いやハリを維持することを目的に配合されているのが特徴で、ヒアルロン酸や
セラミドなどのたんぱく質のグループが化粧品では配合されています。

 

効果があれば副作用もある?注意したい美容成分

化粧品にはアンチエイジングや、保湿性の維持やバリア機能回復などの目的で
各種有用成分を配合しています。

同様成分は医薬部外品に配合されている成分と重複する部分もあります。

もっとも医薬部外品は厚生労働省所定の作用につき、一定の皮膚への作用などが
確認されているので化粧品に比べると、影響は若干大きくなります。

これに対して化粧品は美容や容貌をよく見えるようにすることを目的にしているので、
リスクは相当低くなっています。

その点であまり副反応やアレルギーなどのリスクは、ほとんど心配がありません。

しかし化粧品に配合されているのは、すべてが人体にとって有用な成分とは
限らないわけです。

肌に良いもの

具体的には保存期間を長くしたり、腐敗防止や芳香性をつけたり、使用目的に
応じた剤形にするなど、美容目的以外で各種の成分が添加物として配合されて
いる成分に対しては注意を向ける必要があります。

比較的配合されていることが多いのが、エタノールです。保湿化粧品にも
よく配合されている成分で、水溶性にすぐれており瞬時に乾燥・揮発する
ので夏用のサッパリ系化粧水などにもよく含まれています。

ラベルの成分表示でも奇祭されていることが多く、主要4成分にふくまれて
いないかをよく確認する必要があります。

それというのも成分表示ラベルには、多く配合されている順番に記載されているので、
4種類目までに入るくらいの程度になってくると、濃度も10%以上となり皮膚への
影響も懸念されるからです。

特に敏感肌や過敏症の自覚があるときは、塗布した部位が赤くなったり発疹が
でるなどの刺激症状が出現することがあります。

確かにエタノールには皮膚への刺激症状のリスクがあるのは事実です。

しかし抗菌作用や毛穴や肌の引き締め作用など、美容面でも有用性をもつ
ことからも配合されています。

したがって皮膚への美容作用のメリットと、刺激の可能性があるという
デメリットを踏まえて利用するかどうかを判断するのが賢明です。

また化粧品で配合されていることが多い成分に、界面活性剤があります。

保湿する作用に優れているので保湿系化粧品に配合されることがよくあります。
安定性が高く抗菌作用を持っているので有用な側面も高いですが、皮膚への刺激に
なる場合もあるようです。

界面活性剤にも植物由来のものから石油由来の化学合成されたものまで色々あります。

特に乾燥肌や敏感肌など刺激に脆弱になっているときには、植物由来のものや
界面活性剤フリーの化粧品などを選択するのをおすすめします。